INTERVIEW

選択して成長する乗務員

前のページへ戻る

淡々と仕事に取り組むことが性に合っているので、自分のペースで働けることはありがたいです。

大型ドライバー

「働きやすさ」を選択

2012年6月入社

手当てや健康面への配慮が心強い!

運送業なので、正直楽な仕事ではありません。それでもこうして働き続ける選択ができたのは、会社からのあたたかい配慮があるからですね。会社の上層部の方々も現場で働く我々ドライバーの苦労を理解し、対応してくれているので、安心して働くことができるんです。
例えば長距離の案件が続いた時です。疲労が蓄積されるので、次の配送先の数の調整や、いつもよりゆっくり出社できる案件に変更してもらっています。自己申告の時もありますが、先に会社が動いてくれていることもあるので助かっています。最初は、「本当に良いのだろうか」と思いましたが、今では「配慮してもらった分、任された仕事をしっかりやろう」という気持ちで働いています。
といっても、私自身ドライバー職はカントウ流通が初めてだったので他社との詳しい比較はできません。それでも前職でサービス残業の多い印刷業だった頃と比べれば働きやすさも、仕事の達成感・充実感も良くなったのは事実です。社員一人ひとりを大切にしようという想いがあるからなんだろうなと感じています。

自分の行動・選択が成長につながる環境だと感じています。

▼資格だけでなく、経験に合わせてステップアップできる職場です。
運送業で“ちゃんと”働くことにしたのはカントウ流通が初めてです。ですが、実は実務未経験のまま、大型車の運転を任されそうになった会社を辞めた経験もあります。
大型免許はもともと取得していたのですが、ドライバーとしての経験がなかったのにいきなり仕事を任されそうになった時は焦りましたね。カントウ流通ではいきなり大型ではなく2tや3tの中型トラックから担当させてもらいました。
業務の流れを覚えて仕事やトラックの運転に慣れてきた頃に上司から「大型に乗ってみないか」と提案を頂きました。不安もありましたが、試しに課長同乗のもと運転しみて「いけそう」と思ったので、今では大型を担当しています。大型と言ってもそれほど大きくないことと、自分の成長を見てくれている上司のサポートがあったからこそ大型担当になれたんだと思います。

▼“押し付け”ではないから、安心して選択できます。
上司からは大型担当以外にも運行管理業務の担当のお話を頂いたことがありました。ですが、現在担当している方の様子を普段見ていて、自分には合わない仕事と感じたのでお断りしたんです。他の企業だと減給だったり居場所がなくなったりするかもしれませんが、この会社は大丈夫でした。むしろ、「大型案件を任せた」と背中を押して頂いたぐらいです。

▼成長のチャンスだけでなく休暇の相談もしやすいです。
入社後、収入や仕事面が落ち着いた頃に結婚しました。それでも新婚旅行に行けていなかったので会社に相談したところ10日間の長期休暇を頂きました。
お休みを頂けたことも嬉しかったですが、
「休みたいと言った日に無理やり出社すると嫌な気持ちが残る。それで事故率が上がるぐらいなら皆で調整する」
と心強い返答を頂けたことも嬉しかったですし、印象に残っています。
数年越しの新婚旅行を満喫させてもらった分、しっかり働ける日は働いています。また、誰かが休日を必要としている時、今度は自分がフォローする側に回っています。